.

現実にノートパソコンの画面の前に座って止まることなく上がったり下がったりしている為替相場を眺めているとトレードをしたいという抑えようの無い感情が生まれる場面も多いと思います。wixoss 速報

しかしながら、漠然とした感覚で売買することは、断じてしてはいけません。ワークアウト 高崎

事実、外国為替相場は昼夜を問わず、いつでもいずれかの国の為替相場が関いているし為替レートも常に変動しています。看護師が考える「美人」とは

そうであっても、頻繁にトレードを繰り返していると、それだけマイナスになる率が上がります。嫌われる勇気 動画 最終話

当たり前ですが、エントリーの数を積み重ねる事でだんだんと儲けられる確率が半々になっていきます。2017 福袋 中身

けれどもこの事は「漠然としたアイデアでエントリー」することとは別問題です。特殊清掃

トレード回数を増やすというのは、自ずから「ここは勝てる」と思いついた機会を得られた場面での注文回数を積むという事を意味します。お祝い ギフト 百貨店

ただ、ひっきりなしに取引をするのとは明確に違う。ビローザ

相場の戦いに勝つためには、自らよく考えて緩急をつけることが必要です。話題の台湾風おとなかき氷機!電動でふわふわのとろ雪を家庭用で堪能DOSHISHA

「ここはいける」と思い至った外国為替相場の時には、所持ポジションを積み増して思い切り儲けを追求する。デリケートゾーンをセルフケアで美白する

「だいぶ分かりにくい為替相場でどうなるか理解できないな」と感じた時は潔く諦めて保持ポジションを閉じて静観します。

このぐらいのけじめをつけた方が結果的に売買はうまくいきます。

マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通りだと思います。

為替取引とは常に売買ポジションを所持する事がすべてではなくどのポジションも所有せず静観していることも時には、相場なのである。

そうであるならば、どういう場面で、休めばよいのだろうか。

最初に言われるのが前述したように、直近の外国為替市場が判断できない時です。

ここからどちらにいくのか明確でない時は間違って判断すると、自身で考えた台本とは異なった方向に為替相場が変動してしまい損をする事になります。

だから、こうしたケースではポジションを諦めそのまま様子をみるのが良い方法です。

第2に、自分自身の体の状態があまりよくない時です。

健康状態と為替相場に関係しないと感じる方もいますが実は意外につながりがあります。

体の調子が変な時は、相場の決断しなければいけない場面で、正しい決定をする事が出来ない場合が多くなります。

関心がわかない時は市場から距離を置くことも大切な事です。